2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因とサロンやクリニックでの脱毛でワキガを改善できる理由

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
アポクリン腺が活発化するほど脇から出る汗の量が多くなるので、ワキガになりやすくなります。

なぜなら、アポクリン腺は刺激を受けると汗を多く分泌する上に、脇は皮膚が柔らかい部位だからです。

そのため、脇は刺激の影響を受けやすいのでアポクリン腺を活発化させるリスクが高いです。

他にも、動物性たんぱく質を多く摂取する人ほど、ワキガに悩まされやすいです。

アポクリン腺の汗は水分の他にも脂質も含むので、動物性たんぱく質をメインにした場合、アポクリン腺から出る汗に含まれる皮脂が多くなります。

ワキガの原因をしっかりと理解

また、タバコや酒でも含まれる成分により、アポクリン腺を活発化させるのでワキガになる原因を作るだけでなく、ワキガの臭いを強めてしまいます。

けれども、ワキガは脇毛が無くなることで臭いを抑えることができるので、サロンやクリニックで脱毛を受けるのがワキガを臭いを抑える方法となります。

なぜなら、自己処理で脇毛を処理すると、脇毛を完全に無くすことができない上に脇の肌に余計な刺激を加えやすいからです。

また、サロンやクリニックで行われる脱毛は、脱毛器具によって光やレーザーがメラニンに反応します。

よって、毛根の深い部分に光やレーザーか反応することにより、毛根を死滅できます。

そのため、サロンやクリニックに通って脱毛を受けるほど脇毛を生えにくくできるので、ワキガの臭いを改善することが可能です。

その上、アポクリン腺は脇毛と一体化しているのでアポクリン腺から出る汗の量を少なくすることもできます。

アンダーヘアの脱毛はカミソリでやると跡が残りやすい?

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛というのはどういった方法で行うのが良いのでしょうか?

いろいろな案がありますが、やはり身近なものではカミソリを使うというのが最も効果的ではないか?と思います。

カミソリを使用するというのは他の部位の脱毛でも使っている方法ではないか?と思いますし、一般的と言えるのです。

しかし、カミソリを使ってのアンダーヘアの脱毛は割と一般的と言えますけど、跡が残りやすいということも言えます。

それは色素沈着などの問題で、剃った部分が赤くなったりすることがあるので、そこがリスクになります。

リスクについても理解をしておくこと

普段、人に見られるような場所ではないので、気になる人は少ないかもしれませんが、自分として気になる人がいるかもしれないのです。

だから、そこをあらかじめ想定して、色素沈着になるかもしれないことを踏まえて、アンダーヘアの脱毛でカミソリを使う方法を選ぶか?どうかを考えていきましょう。

カミソリを使った方法ではお金はかかりませんし、用意するものも少なくて済みますし、非常に取り組みやすい方法と言えますが、肌にとって負担になりやすいので色素沈着になりやすいという点は重要なポイントになります。

誰にとっても始めやすい方法でもありますけど、アンダーヘアの脱毛をするときにはリスクについても理解をしておかないといけないのです。

脱毛サロンの勧誘を上手に断る方法

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンでも気になるのが勧誘です。

今は厚生労働省の指導が入って強引な勧誘をするサロンも減ってきましたが、サロンも商売ですから少しでもいい契約を取りたいと勧めてくる場合もあります。

一番勧誘される機会が多いのが無料カウンセリングの時です。

一通りのカウンセリングが終わった後に契約に入りますが、安いキャンペーンで契約するつもりでも、他の部位を勧められたりすることもあります。

はっきりと断れる方なら、キャンペーンのみでいいですとか、いりません、結構ですなどと、ぴしゃっと断ってしまえば向こうもそれ以上勧誘してくることはありません。

お金がないという理由で断るのはNG

断るのが苦手な方は、家族に相談しないと自分一人では決められないと言って切り抜けましょう。

学生さんなら親に相談してみないとわからないと言うのがいいでしょう。

未婚女性でも夫に相談したいと結婚しているふりをして、その場で返事をしないというのがポイントです。

勧誘されそうな雰囲気だったら、次に予定があるからと時間がないと言って立ち去るのもおすすめです。

一番よくないのがお金がないという断り方です。

クレジットカードの利用を勧められたり、分割払いを勧められたりします。
1ヶ月に3000円くらいで大丈夫ですよなどと金額を低くして勧誘しようとしますから、お金がないという理由で断るのは止めておきましょう。

埋没毛の原因と予防、処理方法

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没毛とは脱毛・剃毛・除毛などにより皮膚内で発毛・成長してしまった毛のことです。皮膚の上に伸びてくるべき毛が皮膚の下で成長してしまいます。脱毛のトラブルの中でも一番深刻で厄介なものです。埋没毛は放っておくと炎症を起こして、ニキビのようなできものである毛嚢炎の原因となる可能性があります。埋没毛が起こる最大の原因は、無駄毛の自己処理の失敗です。逆剃り、毛抜きでの処理、特に、一気に抜いたり強く引っ張ることで起きやすいです。

埋没毛の一番かんたんな予防法は、自己処理をしたあとに保湿クリームをしっかりと塗って、きちんと保湿することです。特に尿素クリームがおすすめです!

埋没毛ができてしまった場合の処理方法

埋没毛ができてしまった場合の処理方法は、お風呂上がりの皮膚が柔らかくなっている時に、ピーリング効果のあるローションで優しく拭き取ること、レーザー脱毛を用いて埋没毛を取り除くことなどが挙げられます。また、スクラブで毛が伸びてくるのを邪魔している古い角質を取り除くことも効果的です。スクラブはドラッグストアにでも売っていますし、始めやすいと思います。しかし、自己診断は危険を伴ってしまうので、できれば皮膚科やクリニックに行って専門の方に見てもらう方がいいと思います。

埋没毛を自分で処理しようとする時に一番やってはいけないことは、毛抜きやピンセット、針などで無理やりほじくって抜くことです。炎症が起きて赤いプツプツができてしまい余計に汚くなってしまいます。

産後の自己処理によるムダ毛処理の方法と注意点

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスの変化によりムダ毛が増える上に濃くなります。

それだけでなく、産後は肌が敏感となるので外部からの刺激を受けやすくなるので、肌が傷つきやすくなります。

なので、産後のムダ毛処理を施す場合は、毛抜きで行うと肌や毛穴を大きく傷つける形になります。

なぜなら、毛抜きは毛を抜くことで毛穴を広げるので、広がった毛穴から雑菌が入り込む可能性が高いからです。

他にも、産後はムダ毛が増えるので毛抜きだと自己処理に時間が掛かる傾向にあります。

さらに、妊娠前より濃い毛が生えるので毛抜きでムダ毛処理を行うと、毛が途中で切れて皮膚の中に毛が残る可能性が高まります。

その影響により、毛抜きでの自己処理は肌のトラブルだけでなく毛に関するトラブルも招きやすいです。

肌に与えるダメージを抑えることが重要

ちなみに、産後の自己処理として剃刀でムダ毛処理する方法もありますが、毛抜きと比べて肌に与えるダメージを抑えることができます。

ただし、剃刀の刃は肌に直接触れる構造となっているのて、肌が敏感な状態だと肌の表面を余計に削ることが多くなります。

そのため、剃刀と違って刃が直接肌に触れない電動シェーバーが、産後のムダ毛処理にお勧めの方法となります。

電動シェーバーなら、肌の表面を余計に削るリスクが抑えられる上に、毛抜きと違って短時間で広範囲のムダ毛を剃ることが可能となります。

なので、電動シェーバーは肌に優しくムダ毛処理できるので、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立しやすいです。

とはいえ、電動シェーバーの注意点として産後の肌は乾燥しやすい状態なので、肌の保湿を怠ると肌のトラブルを招く原因になりやすいです。