2018年 12月 の投稿一覧

気がつきにくい背中のムダ毛をサロンやクリニックで処理しよう

映画女優や人気女性タレントを実際に見た時、1番ビックリするのはその肌のキレイさだと言われています。
また、特に目鼻立ちが整っているわけでもないのにスカウトから声をかけられたりする女性は、みんな肌の艶やかさが際立っています。

これらの例から分かるのは、「女性の美貌に、肌が果たす役割は大きい」という事実です。

もちろん、もったいぶってこんなことを指摘しなくても、自分の外見を意識する女性の方々は、日夜肌を磨くことに懸命になっています。毎日クリームや化粧品でお手入れを欠かさず、肌の状態をベストに保つように気を使っているでしょう。

しかしそんな女性でも、つい手入れを怠りがちな部位があるのをご存知ですか?

それは、「背中」です——。

背中は自分の眼ではそのコンディションを確認しづらいため、ケアもおざなりにしがちです。

でも、たとえば海やプールに行って露出度の高い女性を見た時、「背中に毛がいっぱい生えていて見栄えが悪い」と思ったことはありませんか。

自分では気がついていないだけで、実は自分の背中も似たような状態になっているかもしれません。

可愛いメイクと服で彼氏とのデートに出かけても、ムダ毛が生え放題の背中を見られたら、幻滅される可能性は高くなります。それではドキドキ気分も台無しでしょう。
そんな事態を避けるためにも、できるだけムダ毛処理に努力しなければなりません。

でも、顔、腕、脚などは自分でうまく処理できても、ひとりでは手が届かない背中の毛は、一体どうやって剃ったり抜いたりしたらいいのでしょうか?

答えは簡単。ムダ毛処理のプロがいるサロンやクリニックで脱毛してもらうことです。

現在、脱毛業界は隆盛を極めています。雑誌、電車の広告はもちろん、テレビでコマーシャルを流すサロンやクリニックも多いため、脱毛に関心のない人でも有名店や医院の名前は知っているくらいです。

ただ、脱毛と全く無縁な女性もまだまだ存在します。「いつか脱毛を受けてみたい」と積極的に思っているのに、料金や施術時の痛みについての不安があって、サロンやクリニックに足を向ける勇気がない、という人は少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。ビギナーのために背中脱毛の情報を解説し、現行の脱毛方法にはどんなものがあるのか、詳しく紹介していこうと思います。

脱毛における”背中”の範囲について

背中というのは体の部位のなかで脚と並んで大きなパーツです。
そのため、脱毛においても「背中上」「背中下」と2つに分けて処理します。

その施術範囲ですが、「背中上」は首の付け根から肩甲骨、「背中下」は肩甲骨からウエストラインまで、となっています(それより下になると「腰」または「ヒップ」と呼ばれる部位になります)。

ちなみに施術では、面積に応じて部位を「Lパーツ」と「Sパーツ」に分けることが多く、料金は当然ですがLパーツが割高になります。

背中の「背中上」「背中下」に関しては、両方がLパーツです。

ところで「背中上」ですが、首の付け根からなので、うなじは入っていません。

気をつけたいのは、背中上だけを脱毛すると、うなじとの間に色の境界線ができてしまうこと。こうなると見た目がみっともないので、最初からうなじも施術してしまう方がいいでしょう。

背中脱毛の料金はどれぐらいになる?

脱毛しようかどうか考え始めた時、最初にチェックするのはその料金でしょう。

そこでサロンとクリニックでは背中脱毛にどのくらいかかるのか、紹介してみようと思います。

最初にサロンの方から。

・銀座カラー

オススメは「スタンダードチョイス」というコースです。背中上と背中下の片方が施術でき、8回セットで42,000円。また、脱毛し放題を選ぶと、75,200円で好きなだけ施術が可能です。

・TBC

背中の上下が選べる「チョイスプラン」なら、Lパーツ1回が6,000円、6回セットになるとディスカウントされて26,400円。また、お好きなSパーツを1回無料で脱毛できるおまけも付きます。

・ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」なら、Lパーツ4回分が12,000円です。背中は上下2つに分かれていて、4回分を好きなように割り振ることができます。

・ジェイエステティック

「後ろ姿美人プラン」なら、背中の上とうなじが各4回セットで費用は18,000円。両ワキ脱毛12回コースがサービスでついてくるため、うなじ、背中上、ワキの3つを同時に処理できます。

次に医療クリニックの料金も紹介します。

・リゼクリニック

ここでは背中全体が1つの部位扱いです。費用は5回コースで79,800円。

・湘南美容クリニック

背中は上下2箇所に分かれています。1回の費用は各17,410円。6回コースだと、81,000円になります。

・アリシアクリニック

背中は全体が1部位扱い。費用は5回でわずか55,000円と、大変リーズナブルです。

また、「背中+えりあし脱毛セット」というプランなら、5回103,200円で脱毛できます。

・イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のプランを選べば、5回で98,800円になります。

以上、主だった店舗や医院の施術料を紹介してきましたが、プランやコースというのは条件が入り組んでいます。ネットのサイトをしっかりチェックし、その細かい条件を理解しておいて下さい。
また、こまめにサイトにアクセスし、お得なキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

背中は、脱毛が大変な部位?

実は背中は、脱毛するのが大変な部位といわれています。というのも、ワキや脚と違い、生えているムダ毛の色が薄いからです。

「色が薄いと、なぜ脱毛が大変になるの?」と思われるでしょうが、それには現行の脱毛方式に関係があります。

以下、サロンとクリニックで使われる脱毛マシンの紹介をしながら、その理由を述べていきます。

いま、サロンで1番採用されているのは、IPL脱毛という方式の機器です。

この機器は、キセノンランプからインテンス・パルス・ライト(IPL)という日光に近いライトを当て、発毛機能を熱で弱体化します。
もともと「フォトフェイシャル」(肌のコラーゲン生成を促し、くすみ・シミなどを治す)用のマシンとしてエステで使われてきたものです。

しかし、施術を受けた客から「毛が薄くなった」という感想が相次いだため、改めて検証試験をしたところ、抑毛の働きが分かりました。それから脱毛サロンでも採用されることになったのです。

IPLのメリットのひとつは、光にいくつもの波長が備わっている、ということ。そのために肌に負担をかけずに照射ができます。背中、脚のような広い部位にも最適で、施術は分単位で終了してしまいます。

ただ、光線が肌の各層に拡散するため、毛根にダメージを与える力はそれほどではありません。

一方、医療クリニックで最も採用されているのは、レーザー光を扱う「レーザー脱毛」のマシンです。

実は、脱毛原理自体はIPL脱毛もレーザー脱毛もほとんど同じで、どちらのライトもメラニン色素に吸収される特質を備えています。

ムダ毛のメラニンに吸収されたライトはすぐに熱に変化し、やがて毛根のところで高温になります。
皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞といった組織がその熱でダメージを受け、発毛が阻害されるのです。

ただ原理は同一といっても、照射威力は別です。レーザー光は極めて狭い部分にパワーを集中できるため、ターゲットとなった毛根は完膚なきまでに破壊されてしまいます。そうなるとその部位は永久に無毛のままです。

「そんなすごいレーザー光なら、背中もうまく脱毛できるのでは?」と思われるでしょうが、そうはいきません。

というのも、背中の毛に含有されたメラニン色素は少量で、光の吸収そのものが起こりにくいからです。

「では、効率的に脱毛できる方法はないの?」ということになりますが、それについては以下のセクションで解説していきます。

背中を効率的に脱毛できる3つの方法

背中を効率的に脱毛する方法には、以下の3つがあります——

・S.S.C.方式のマシン
・ダイオードレーザー
・ニードル脱毛

これらについて、順に説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」の頭文字を取ったもので、イタリアのDEKA社が考案しました。

IPL方式との差は、ライトと専用ジェルを併用する点です。

ジェルには、「トレジャービーンズ」という小さなカプセルが入っています。ジェルを塗った上からクリプトンライトを照射するとこのカプセルが弾け、中に入っている有効成分が毛根に浸透していきます。

メインの有効成分となるのは、サリチル酸、イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、メントールなどで構成されたフィリニーブ。抑毛効果のほか、炎症抑制、保湿にも効果的で、施術後の乾燥による後遺症を予防することができます。

ライトも使いますが、脱毛効果をあげるのはあくまでジェルです。
ですから、施術時には毛の濃い薄いは関係がなく、背中の毛や産毛にも効果が発揮できます。

続いてダイオードレーザーです。

医療クリニックではレーザー脱毛のマシンを用いて施術しますが、マシンにも様々な種類があり、用いられているレーザーも違っています。

現在よく使われているのは以下の3つ——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・YAGレーザー

それぞれ特徴があり、得意としている毛質や肌質にも差があります。

このうちのダイオードレーザーは、半導体(ダイオード)を光源とした波長810ナノメートルのレーザーです。波長の長さでは、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの中間に位置します。メラニンへの吸収率が優れていて、皮膚の深いところにある毛へのアプローチも得意です。

ダイオードレーザー自体が、蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR式)の2種類に分かれているのですが、背中の毛に効果があるのは前者です。

蓄熱式では、バルジ領域をターゲットとして脱毛をおこないます。65℃前後の温度でライトを照射し、熱エネルギーを徐々に蓄積していくことで脱毛効果をあげます。メラニン色素をターゲットにしないため、非常に薄い毛に対しても効果が変わりません。

また、他のレーザーよりも痛みがマシなので、施術へのストレスが少ないという長所もあります。

蓄熱式ダイオードレーザーの機器には、メディオスターとソプラノアイス・プラチナムがありますが、それぞれリゼクリニックとレジーナクリニックで採用しているので、どちらかに行けばいいでしょう。

最後にニードル脱毛です。これは光による脱毛が一般化する前は、脱毛の主流となっていました。

たいへん歴史が古く、150年近く前、アメリカで逆さまつ毛の治療に使われたのがその始まりと言われています。

絶縁加工された特殊な針(プローブ)を毛穴に入れ、弱い電気を通して毛根部位を破壊します。物理的にダメージを与えるため、効果は光の脱毛より優れています。一旦施術対象となったムダ毛は、ずっと生えてきません。

また、メラニン色素が毛に含まれていなくても脱毛できるため、背中の毛や産毛などにも有効です。

ここまで聞くと「文句なし」と思えるでしょうが、2つ問題があります。ひとつは針を使うので痛みがひどいこと。中にはあまりの痛みに耐えきれず、麻酔を吸って施術したという人もいます。

あとひとつは、すべてを手作業で処理するために時間と手間がかかり、どうしても費用が高くなる、ということ。サロンやクリニックにもよりますが、レーザー脱毛の30倍くらいの金額が最低でもかかってしまいます。

これらのデメリットは非常に大きいので、気楽に施術を受ける、というわけにはいかないでしょう。

以上、3つの方法を順に解説してみました。

このうち、1番手軽に実行できるのがS.S.C.方式です。「どの方法にしようか迷っている」という人は、とりあえずS.S.C.方式をチョイスしましょう。脱毛完了まで長い日数がかかるとしても、抑毛効果だけはすぐに実感できます。

ただ「背中の毛を完璧に処理したい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛がベストでしょう。

以上、背中脱毛に関するベーシックな情報を詳しく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

7月8月を迎えると露出度の高い服や水着を着たり、髪の毛をアップにすることも多くなります。
そんな時に物怖じせずに背中を見せられるよう、脱毛を受けて肌をキレイにしておきましょう。

VIO脱毛に興味がある人のために

女性の肌に関する故事成句のなかに、「色の白いは七難隠す」というものがあります。「容姿に色々な欠点があっても、肌が白いとそれらを補ってくれる」という意味ですが、こんな言葉が流布するくらい、女性のみずみずしい肌の魅力は絶大なものがあります。

肌のお手入れは女性の最大関心事のひとつであり、「美肌」という言葉もすっかり一般的になりました。

冬のような寒い時期でも女の子が肌を露出した服を身につけるのは、周囲の目を惹きつけるその魅力を知っているからでしょう。さらに素晴らしいスタイルを兼ね備えていれば、男性に限らず同性でもつい目を奪われてしまいます。

周りの注目を浴びればイヤな気持ちはしません。
「これからもっと肌を露出しよう」という気になるでしょう。

ただピチピチしてみずみずしい肌をアピールするのはいいのですが、その時に注意したいのが、いつの間にか成長しているムダ毛の存在。

処理をキッチリしていないと見栄えがよくないですし、一旦美しい肌に視線を向けた男性からも「あんなに見せつけているくせにムダ毛はそのままかよ」とバカにされかねません。

ただ、月に数回、毛抜きやカミソリなどで自己処理するのは面倒臭いという女性も多いでしょう。そんな人にとって助けとなるのは、プロがキレイに脱毛してくれるサロンやクリニック。
テレビのCMもしつこいくらい流れているので、有名店の名前は世間でもすっかりおなじみです。

実は、脱毛がこれほど隆盛を極めたのは近年になってから。以前は「電気針を毛穴に突き刺して毛根を焼く」という面倒な方法を取っていたこともあり、料金も安いとは言えませんでした。そのせいで「お金持ちの有閑マダムがおこなう美容法」というイメージがまとわりついていたのです。

しかし最近ではレーザー技術に基づく脱毛マシンが発明され、施術料もグッとディスカウントされました。新規オープンの店舗も多くなり、初心者を取り込もうと盛んにキャンペーンをおこなっています。

また、脱毛の部位も以前よりバリエーションが出てきました。昔は夏場に露出する部位(ワキや脚)がメインだったのですが、現在では腕、顔、そして「VIO」という部位が人気を呼んでいます。

それを聞いて「え、VIOって一体どこの部分?」と驚く人もいるでしょう。確かに脱毛する人は増えましたが、サロンや専門クリニックとは全く縁のない女性もまだまだ多いのですから当たり前です。

そこで、このサイトを作ってみました。VIO脱毛について、初心者向けの解説をおこない、あわせて脱毛一般のトピックも紹介しています。

「VIO」って一体全体どの部位?

「VIOとは何の意味でしょう?」と聞かれて、「コンピューターの商品名」と答える人がいるかもしれませんが、もちろんそれは間違っています。実は美容関係の文章などで「デリケートゾーン」と称されるパーツ、つまり女性器からお尻にかけての部位です。

VIOはそれぞれ——

・Vライン(股の底部のデルタ地帯。「ビキニライン」ともいわれる)
・Iライン(女性器両サイドの帯状のパーツ)
・Oライン(肛門周りの半径2センチくらいの部位。「ヒップ奥」とも呼ばれる)

をあらわしています。

つまり、各部位と形状の似たアルファベットをあてはめて「VIO」とされたので、別に専門用語の略ではありません。

というわけで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛のことです。

そしてその関連用語として「ハイジニーナ」という言葉もあります。これはVIOのすべてを処理し、股間をツルツルの無毛地帯にすること。

日本に「外国の女優やモデルの間でアンダーヘアーの脱毛が流行」というニュースが初めて入ってきた時、その名称は「ハイジニーナ脱毛」でした(いまでもVIOという言葉を使わず、「ハイジニーナ脱毛」という呼び名を続けているサロンや医療クリニックもあるようです)。

その時は、美容への意識の高いセレブがおこなっている変わった脱毛、というイメージがあったのですが、それから時間が経ち、日本でもすっかり一般化してしまいました。

脱毛を考えているという女性に「最も施術を希望する部位はどこ?」と聞くと、ワキに次いでVIOが第2位になることが多いようです。

ただ上で書いたようにVIOは3つのパーツを合わせた呼称なので、実際の脱毛にあたってはそれぞれバラバラに施術することも可能です。

Vラインの定番デザインにはどんなものがあるの?

Vラインは、VIOの3つのなかでも、とりわけ施術希望者が多い部位です。

欧米ではなぜかハイジニーナが大変盛んなので、Vラインもツルツルに脱毛する女性が相当います。しかし、日本ではまだ無毛には抵抗があるらしく、ほとんどの女性がヘアーの一部を残します。

その場合、「ヘアーをどんなデザインで残すか」が問題となります。

サロンやクリニックでは、定番となるデザインを次のように用意しています——

・逆三角形

とても自然に見えるために、デザインの中でも1番選ぶ人が多くなっています。「いかにも『脱毛しました』というデザインはちょっと……」という女性には最適でしょう。

・オーバル型

オーバルというのは「楕円」という意味です。逆三角形のようなナチュラルさには欠けるのですが、丸みを帯びたフェミニンな魅力があり、かなりの人気デザインになっています。

・Iライン型

アンダーヘアーを細い帯状に残します。定番デザインの中でも最もきわどいものでしょう。大胆な下着や水着を楽しみたいという女性にはピッタリ。また足が長く見えるため、スタイルの美しさを強調したい人にも向いています。

・Uライン型

「逆三角形」の尖った縁を柔らかい感じにアレンジしたもの。ナチュラルな雰囲気をキープしながら脱毛の範囲を広げたい、という女性にもってこいです。

・スクエア型

「Iラインは大胆すぎて無理……」という女性がよくチョイスするデザインです。ただやはり自然なイメージはないので、「嫌い」という人も多いかもしれません。

ちなみに、サロンではなく医療クリニックで施術してもらう人は、デザインはよく考えた上で決定して下さい。

というのもクリニックのレーザー脱毛は照射パワーが強烈で、毛根は完全に破壊されます。つまり一度脱毛してしまうともう毛は再生しない可能性が高いので、変更がききません。

もし奇抜なデザインを選ぶと悔やむケースもあるので、なるべく自然なものにとどめておく方が無難です。

VIO脱毛の施術料って一体いくらくらい?

脱毛するかどうか決めたい時、まず最初にチェックしてみるのはその料金でしょう。

実は一口に「脱毛」といっても、やり方には色々あります。

たとえば、サロンに通って光脱毛を受けるのか、医療クリニックと契約してレーザー脱毛で施術するのか。単なる減毛でいいのか、徹底的にツルツルにしたいのか。
高くても脱毛完了までの期間を短くしたいのか、あるいはあくまで格安な費用にこだわるのか……。

それらの条件次第で、施術料にもかなりの差が出てきます。

ここではいくつかのケースに絞り、「VIO全部を脱毛するプラン」の料金を紹介してみます。

まず、サロンに通う場合。

有名サロンの費用は下の通りです——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回で、1回あたり9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回で、1回あたり13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回で、1回あたり8,640円]

徹底的にツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回で、1回あたり9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回で、1回あたり9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回で、1回あたり9,180円]

続いてクリニックに通う場合。

有名クリニックの費用は下の通りです——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回で、1回あたり10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回で、1回あたり12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回で、1回あたり19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回で、1回あたり18,540円]

徹底的にツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回で、1回あたり9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回で、1回あたり11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックは、8回と9回のプランなし)

こうして比べていくと、サロンの方は回数が多くてしかも割高。普通施術料が高いとされているクリニックの方が意外にリーズナブルなのがわかります。

特に湘南美容外科が安いので、VIO脱毛してもらうならここが第一候補でしょう。

VIO脱毛って痛いの?

あるアンケートの結果によると、VIO脱毛の施術中に痛みを覚えた人は、全体の90%を占めるそうです。つまり、たいていの人が痛さを我慢しながら施術してもらったわけです。

なぜVIO脱毛に痛みがともなうのかと言うと——

・他の部位に比べてデリケートゾーンの皮膚が薄い
・太い剛毛がたくさん生えている

という2つの特徴のためです。

施術時には熱で毛根にダメージを与えます。そのため、どうしても毛穴が軽い火傷状態になるのですが、皮膚が薄いとその際の痛みを感じやすくなります。

また毛が硬い場合はそれだけ毛根も大きくなります。毛根に高熱が加えられると、毛穴に接する面積が広いため、痛みを感じる度合いが高くなってしまうわけです。

なお、サロンとクリニックでは施術に使用される機器が違っており、それが施術時の痛みにも関係してきます。

医療クリニックでは「レーザー脱毛」がメインでおこなわれています。これはダイオード、アレキサンドライト、ヤグといったレーザー光を用いる脱毛方法で、いずれも照射威力が激烈。毛根にしっかり到達して徹底的に発毛機能を阻害します。その代りに痛みがさらに強くなるわけです。

そして脱毛サロンの方では「フラッシュ脱毛(光脱毛)」による施術が中心。
脱毛方法はさらにマシンの種類によって細分化されており、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛の4つがあります。

これらは、いずれも照射されるライトがレーザーよりも抑えられているために痛みが軽くてすみます。そのうち、特に痛みが軽微なのがハイパースキン脱毛です。

これは毛包という部位を熱し、そこに存在するバルジ領域に損傷を与えるというもの。これまでよく用いられたIPL脱毛よりも照射威力が弱くてすむため、痛みがさらに軽減されます。

もしどうしても痛みを避けたいのなら、この脱毛方法での施術を選びましょう。

施術後の肌のケアでトラブル回避を

サロンや医療クリニックでは、脱毛用マシンで施術をおこないます。

いまメインとなっているのは、肌にレーザー系の光線を直接当てるもの。この光線は肌には無害で、メラニン色素を含んでいる毛根部位だけに熱の損傷を及ぼします。

この時、毛根に接した毛穴も軽い火傷を負うことになり、その周辺の肌も乾燥してしまいます。

するとバリア機能が一時的に衰え、かゆみ、赤み、むくみといった症状が生じやすくなります。

それだけなら軽くてすむのですが、そのかゆみ部分を爪で掻いたりすると菌が入り、もっと重篤な肌トラブルが起こってしまいます。

特に毛嚢炎には注意が必要。これは毛穴から菌が入って炎症を起こしたものです。見た目はニキビそっくりで、赤くてブツブツしています。

軽い場合はかゆみも痛みも起こらず、放っておいても1週間ほどで自然に完治します。

しかし毛穴の深部にまで感染が進むと、ふくらみが段々と大きくなっておできそっくりになり、激しいかゆみや痛みが襲ってきます。

症状によっては慢性化し、何回も発症することになるので注意しなければなりません。そうなると炎症も拡大していき、見苦しい痕が肌に残ることになります。

そんな結果にならないためにも、施術後は入浴や飲酒、それに激しい運動はやめ、トラブルを起こしがちな肌を守りましょう。

以上、VIO脱毛についての基本情報を細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし月に何度も股間の毛を自己処理しているでしたら、ぜひ脱毛してもらうことをオススメします。自己処理はとにかく肌に刺激が強く、重篤な肌トラブルを引き起こしかねません。

脱毛すればデリケートゾーンが清潔になるばかりでなく、厄介な肌トラブルを防止することができます。

足脱毛に興味のある初心者へ

足は磨けば磨くほど魅力的になる部位。ほっそりとして長く伸びた美脚は、男性だけでなく女性の目も釘付けにします。
運動などでシェイプアップに努めている女性も多いでしょう。

ただ一部だけを露出するならともかく、ミニスカートなどで太ももまで人前にさらすとなると、気をつけなければならないのがそこに生えたムダ毛です。

シルエットの美しさが際立っていても、ムダ毛があると肌のみずみずしさが台無し。
それどころか、「見せびらかしている割には肌の手入れを怠ってるんだ……」と女性から侮蔑的な目で見られかねません。

もちろん、こんな指摘などされなくても、懸命にムダ毛処理をおこなっている女性がほとんどです。ただ、自己処理というものが、肌に大きな負担をかけていることを知らない人も多いようです。

カミソリ、毛抜き、除毛クリームといったところが自己処理製品の代表的なものでしょうが、いずれも刺激が強く、長い間使っていると肌トラブルの元となります。

肌を美しくするためのムダ毛処理なのに、トラブルを起こしていては話になりません。

「面倒くさいし肌には良くないし、イヤな自己処理はやめて、雑誌やテレビで宣伝している脱毛をやってみようかな……」

そんな風に考えている女性も少なくないはずです。

ただ全くの初心者の場合、サロンやクリニックに行ってプランをチョイスし、細々と色々なことが書かれた契約書にサインするというのは、想像しただけで厄介な作業です。

また、「脱毛が完全に終わるまでにどれくらい期間が必要なのか」、「施術の頻度ってどんな感じ」、「最終的にどれくらいの費用がかかってしまうのか」など、色々な疑問が頭に思い浮かぶでしょう。

結局、こうした疑問が障害となり、サロンやクリニックに通うことなく自己処理を続けている、という人も少なくありません。

そこで、そんな初心者のためにこのページを立ち上げました。
サロンと医療クリニックで足脱毛をするといくらかかるのか、どのプランがベストなのか、脱毛が終わるまで期間や施術回数はどれくらい必要か、など、初心者が知りたかった情報を色々紹介してみます。

以下の情報が、足脱毛に興味のある初心者の役に立てば、と思います。

料金がリーズナブルなサロンと医療クリニックはどこなのか

足に生えたムダ毛を処理する手間と時間は、ワキや顔の比ではありません。というのも、足が体の中でも面積の広い部位だからです。

そのため、サロンやクリニックにおいても、「ひざ上」「ひざ下」「ひざ」「足の甲・指」といった細かい部分に分けた上で、それぞれの脱毛がおこなわれます(もちろん、足全体を施術できるパックコースもあります)。

各部分の施術費用は店や医院によって相当な違いがあるので、脱毛すると決めたら公式サイトなどを入念にチェックしましょう。そこに記された料金を比較検討することによって、よりお得に脱毛してもらうことができます。

では全国に数多く存在するサロンやクリニックの中で、とりわけ費用がリーズナブルなところはどこなのでしょうか。

その名前と費用を一覧にしてみると、まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(施術は6回)
・ひざ下……18,000円(施術は6回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(施術は8回)
・足全体……48,000円(施術は8回。ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(施術は8回)
・ひざ下……42,000円(施術は8回)
・ひざ……21,000円(施術は8回)
・足の甲・指……21,000円(施術は8回)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(施術は8回)
・ひざ下……31,200円(施術は8回)
・ひざ……14,400円(施術は8回)
・足の甲・指……14,400円(施術は8回)
・足全体……91,200円(施術は8回)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(施術は8回)
・ひざ下……31,840円(施術は8回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(施術は8回)
・足全体……95,520円(施術は8回)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(施術は5回)
・ひざ下……41,250円(施術は5回)
・ひざ……13,750円(施術は5回)
・足の甲・指……13,750円(施術は5回)
・足全体……92,900円(施術は5回)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(施術は5回)
・ひざ下……89,800円(施術は5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(施術は5回)
・足全体……119,800円(施術は5回)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(施術は6回)
・ひざ下……81,000円(施術は6回)
・ひざ……28,750円(施術は6回)
・足の甲・指……28,750円(施術は6回)
・足全体……219,500円(施術は6回)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(施術は5回)
・ひざ下……60,000円(施術は5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(施術は5回)
・足全体……100,000円(施術は5回)

となりました。

サロンの中でも特に費用が格安なのは、なんといってもミュゼです。ひざ上とひざ下の両方を脱毛してもらっても、たった36,000円しかかかりません。他のサロンに行くよりも数万円お得です。

ただ、太ももからつま先まで足のすべてを施術したいとなると、最もいいのは銀座カラーでしょう。何しろ価格は151,152円でおまけに通い放題。
徹底的に足をツルツルの状態にしたいという人は、ぜひこのコースを選ぶべきです。

続いてクリニックの方ですが、照射パワーの強いレーザー光を使っていて、サロンより効果があがるだけに料金も高くなります。その中でも、アリシアクリニックはとりわけリーズナブル。ひざ、ひざ上、ひざ下、足の甲・指と、足の部位すべてを施術できる「足全体プラン」が92,900円です。

医療クリニックというのは施術料の幅が広く、部分脱毛なのに40万円を越える料金をとるところもあります。
そんな医院と比較すれば、足全体を施術できて10万円以下の価格というのはビックリするほどお得といえます。

脱毛を初体験するならジェイエステティックがピッタリ

全身脱毛まではいきませんが、足も面積が広いだけにその脱毛料金はどうしても高めになります。

「施術を受けたことがないのに、正規のコースをいきなり契約するのは不安」という人は、まずジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を体験してはいかがでしょうか?

これは両ワキとお好みの3パーツを脱毛できるというプラン。
回数に制限はあるのですが、なにしろ料金はわずか300円ですから、脱毛がどんなものか知りたい人には最適です。

これで施術を受けた後、改めてお好みのサロンやクリニックを見つけましょう。

脱毛完了までの回数、および期間について

足脱毛の費用については、上のセクションで大体お分かりになったと思います。

続いて、脱毛が終わるまで期間と回数はどれくらいかかるのか、解説しましょう。

サロンとクリニックの公式サイトでデータを調べると、以下のような結果になりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

いかがでしょう? 「予想よりも日数と回数がかかる」と思われたかもしれません。

実は、足という部位は施術効果が現れやすい、とされています。
それでも上のような日数と施術回数が必要なのです。

これには現行の脱毛方法と、「毛周期」と呼ばれる毛の成長サイクルが密接に関わっています。

それを以下の文章で説明していきましょう。

施術期間が長くなる理由とは?

まず、脱毛方法から述べていきます。

現在、サロンとクリニックではレーザーの原理を応用した脱毛マシンを採用しています。このマシンによって肌に特殊な光線を照射。ムダ毛に影響を与えて発毛を阻害します。

その光線は「黒いメラニン色素だけに反応する」というのが特徴です。
表皮は素通りし、メラニンを含んだ毛にぶつかると熱エネルギーに変化します。

そのエネルギー量はものすごく、毛の根元にある発毛組織(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部)に大きな損傷を与えます。このことで毛は伸びなくなり、肌はツルツルの無毛状態になります。

「それなら1度照射すれば脱毛は完了なのでは?」と思われるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。というのも、ムダ毛は表面上はすべて同じに見えても、毛根につながる部分では各々その状態が違っているからです。

体にあるすべての毛は、抜けては再び生える、というサイクル(毛周期)を繰り返しています。この毛周期は「休止期」「成長期」「退行期」という3つに分かれていて、このうち施術の効果が発揮されるのは、毛がどんどん伸びている「成長期」だけです。

「退行期」と「休止期」に関しては、もはや毛の成長が止まっているために、光を照射しても意味がありません。

施術の後、1〜2週間ほどで成長期の毛は抜け落ち、施術部位はしばらくの間(1〜2ヶ月)、無毛状態になります。

やがて、毛が伸びたら再び光を照射。これを何回かに渡って繰り返していくと、毛が徐々に細くなり、数も減っていきます。

このようにして毛を根元から弱体化していき、ようやく脱毛が完了するわけです。

そのため、施術は大変スローペース(1〜2ヶ月に1度)になってしまいます。

以上、なぜ脱毛に長い時間がかかるのか、理解頂けたでしょうか?

埋没毛を予防するためにも脱毛を

カミソリでムダ毛を剃り続けていると、そこに黒色のブツブツができることがあります。

これはカミソリによる肌トラブルのひとつ、「埋没毛」です。

カミソリで毛を処理すると角質層に傷がつき、それを治そうと新しい皮膚が作られます。

しかし、それが毛穴にかぶさってしまうことがあり、そうなると皮の中で毛が成長します。これが埋没毛です。

埋没毛のブツブツを解消するためにも、サロンやクリニックで脱毛しましょう。自己処理が要らなくなるので、肌のコンディションが保たれます。

さらに保湿をしっかりおこなうサロンやクリニックなら、肌のケア効果も高まります。

施術を続けていれば、肌はきっと美しくなっていくでしょう。

足脱毛についての疑問点と回答

Q.施術に最適な服装とは、どんなもの?

設備の整ったサロンやクリニックでは、施術用のガウンを借りることができます。そんな場合は、もちろんどんな服を着ていっても構いません。

料金の安いところでは、私服のまま施術を受けることもあります。
下半身はショーツ一枚になるので、ワンピースはやめた方が無難です。

また、専用ジェルを使うサロンやクリニックでは、ショーツにそのジェルが付着することがあります。替えを用意していないところも少なくないので、自分で予備のものを持っていきましょう。

Q.色素沈着があると施術NG?

何軒かのサロンとクリニックに質問したところ、「色素沈着があると脱毛は不可です」とのことでした。

脱毛のライトは黒いメラニン色素に反応します。色素沈着にも反応し、火傷を負わせる可能性があるので、施術はできないのです。

どうしても脱毛を希望するなら、「美容電気脱毛」をやっているクリニックに行きましょう。
電気脱毛なら色素沈着があっても脱毛可能です。

施術後はしっかりしたアフターケアを

脱毛したあとは、どうしても肌の防御力が衰えます。軽い刺激にも敏感なので、アフターケアをしっかりとおこなうことが肝心。

まず入浴はダメです。汗や汚れをどうしても落としたいなら、低温のシャワーにしましょう。

また脱毛後の肌は炎症を起こしがちです。施術当日は当然ですが、翌日もケアを欠かさず、保湿に気を配って下さい。

保湿には手持ちのクリームやローションを使ってもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液の方が効果が上がります。
化粧水の後にミルクローションを塗れば、潤い補給は十分でしょう。

いかがだったでしょうか? 足脱毛について、基本的な情報を紹介してみました。

繰り返し書いてきましたが、刺激の強い自己処理は一刻も早くやめるべきです。
肌の状態をよくするためにも、自分の好みのサロンや医療クリニックを見つけて脱毛してみましょう。