脱毛施術後に注意する6つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
03

ここでは脱毛施術後に注意する6つのことをまとめました。
しっかりとアフターケアを行い負担のない脱毛を行いましょう。

1,脱毛したサロンやクリニックの指示に従う

サロンやクリニックでアフターケアの指示がある場合はきちんと従わなければ、せっかく脱毛施術を受けたのに効果が表れなかったり、お肌の表面に痕が残ることもあります。せっかく脱毛したお肌にトラブルが起きないように、アフターケアをきちんと行って、スベスベなお肌を堂々と露出できるようにすることが大切です。

2、施術当日は入浴は避け、しっかりと保湿

脱毛施術を受けたお肌は炎症を起こした状態になっていていますので、その状態で熱いお湯に浸かると赤みやかゆみが出ることがあるので、できればシャワーで済ませたほうが良いです。また、お肌は極端に水分が抜けた状態になっていて、水分を欲していますので、全身用の保湿化粧水などでシートパックしたり、しっかりと保湿する事が大切です。

3、UVケアをしっかりする

脱毛施術後に直射日光を浴びると、お肌が炎症を起こしたり色素沈着したりする可能性があるので、なるべくお肌の露出を避け、UVケアをしっかりとしましょう。

4、施術当日はアルコールは禁止

お酒を飲むと血行が良くなり、体温が上昇します。施術を受けた部分は炎症を起こした状態でデリケートになっているので、お酒を飲んで体温が上昇することによってかゆみが出たり、赤く湿疹のような状態になったりするので注意が必要です。

5、激しい運動をしない

アルコールと同様、激しい運動は体温を上昇させてしまいますし、汗をかくということによって、施術後の開いた毛穴に細菌が侵入しやすくなり、炎症を起こす原因になります。運動を日課にしている人は軽い運動にとどめ、汗をかいたらタオルでゴシゴシ拭かずに、軽く押し当てるようにしてください。

6、脱毛施術後の自己処理は禁物

脱毛後は、ダメージを与えられた毛穴から生えている毛が、1〜2週間かけて自然に抜け落ちていきます。毛抜きで軽く引っ張ってスルッと抜ければ問題ありませんが、抜けないのであればまだ毛根にダメージが与えられていないということになります。無理やり毛抜きで抜いてしまうと、表面の毛が抜けるだけで毛根が残ってしまい、そこからまた毛が生えてきます。脱毛後は肌に負担がかかっているため、自己処理は絶対にしないで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*