脱毛と肌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

肌の乾燥を招く

カミソリによる自己処理は肌の乾燥を招く

カミソリによるムダ毛の自己処理はあまりやらない方がいい、といわれています。

なぜなのか、理由を知っていますか?

それは、肌の生来持つデリケートさに原因があります。

肌の表皮というのは、約0.2mmの厚みしかありません。こんなに薄く、しかもデコボコや曲面の多いところにカミソリの刃をあてれば、どんなに丁寧に剃ったとしても、ムダ毛とともに皮膚の一部がけずられてしまいます。

そして、自己処理による影響が最も大きいところが角層といわれる部分です。

ここは肌のバリア機能の要といえる部位で、水分をしっかりとキープしながら、紫外線、ホコリなどの外部の刺激から皮膚を守っています。その厚さはわずかに0.02mm。ここが自己処理によってダメージを受けると保湿力が衰え、肌の乾燥が進んでしまいます。

だから、特に敏感肌や乾燥肌の人は、ムダ毛を剃るのはなるべくやらない方がいいのです。

では毛抜き、ワックス、あるいはテープによる処理がいいのか、というと、これらも決しておすすめとはいえません。いずれも毛根から毛を引き抜いてしまうわけですが、毛穴へのダメージが大きく、繰り返すうちにシミやくすみの原因になることもあります。

最もおすすめなのは、電気シェーバー。これなら肌への刺激も少なく、直接刃を肌に当てないタイプもあるので、角層を傷つけることなく自己処理ができます。

ただベストな方法は、やはりプロの手によって脱毛処理をしてもらうことです。そうすれば自己処理自体がいらなくなるので、シミ、くすみのない美しい肌をキープしやすくなります。

肌の美容を考えるなら、脱毛サロンや医療クリニックで施術を受けてみましょう。

郡山の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*