医療脱毛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛の施術をしてくれる

脱毛サロンと医療クリニックの機器の違いとは?

脱毛の施術をしてくれるところは脱毛サロンと医療クリニックがありますが、この2つには大きな違いがあります。

脱毛サロンで施術に使われるのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)。そしてクリニックで使われるのはレーザー脱毛です。

2つとも原理そのものは同じ。メラニン色素にだけ反応する特別な光を照射し、毛乳頭に熱エネルギーを与えます。そのことで組織を破壊し、毛の成長を止めてしまうのです。

ではどういうところが違うかというと、毛根や毛包にダメージを与える威力。レーザーの光はフラッシュ脱毛の光よりも波長が長く、皮膚の下の毛根にしっかりと届きます。そのため、毛根の組織は完全に死滅することが多く、脱毛効果がより高くなるのです。

それだけレーザーは強力なので医療行為に分類され、免許を取得した医療クリニックでないと施術はできません。

また、脱毛効果を上げるためには時間をおいて何度も施術を受ける必要があるのですが、威力の弱いフラッシュ脱毛の場合は脱毛完了まで10回以上かかるのに対し、レーザー脱毛の場合は5回程度ですみます。

もし短い期間で半永久的にムダ毛を処理したい場合は、医療クリニックでの施術を選ぶできです。

ただレーザーによる施術は場合によっては痛みが伴います。

それが嫌だという人は、最新の脱毛機器である「ライトシェアデュエット」を導入しているクリニックを選びましょう。このマシンなら狙った毛根だけにレーザーを当てられるので、肌へのダメージが少なくすみます。

ライトシェアデュエットを使っているクリニックには、アリシアクリニック、レジーナクリニックがあり、両方とも全国に分院があります。
公式サイトも設けられているので、ぜひチェックしてみましょう。

郡山の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*