ワキ脱毛に不安がある女性へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキを脱毛したいけれど色々不安がある女性へ

ここ何年か、夏になると熱帯を思わせるような猛暑が続きます。
他の季節ならともかく、半袖やノースリーブを着用しなければ厳しい夏場をしのぐことはできません。

ただ女性の場合、気にかかるのがワキに生えたムダ毛でしょう。

処理が適当だと、うっかり腕を上げた時に他の人に見られてしまい、恥ずかしい思いをする羽目になります。

ただ、ワキ毛の処理というのは結構大変です。カミソリの場合は毎日やらないとすぐに黒いブツブツが出てきますし、毛抜だと痛みがあり、処理自体がイヤになります。

「自己処理をやめてサロンで脱毛しようか」

常々そう考えている女性も少なくないでしょう。ただ経験のない人間にとって、サロンに通うというのは結構勇気がいるものです。

「完了までに何ヶ月サロンへ行く必要があるの?」
「施術の回数はどれくらい?」
「痛みがあるというけど、本当?」
「料金は最低でもいくらくらいかかる?」

これらの疑問に解答が得られないまま、結局、サロンへ足を向けずに自己処理を続けている、という人が多いようです。

そこで、このページではワキ脱毛の特徴、料金、またサロンの選び方について紹介し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下の知識が、ワキ毛で悩んでいる人の一助になることを願っています。

「脱毛」ってそもそもどんなもの?

ワキ脱毛について色々な情報をお伝えする前に、まず「脱毛とはどういうものか?」ということを説明します。

サロンでの「脱毛」と聞くと、特殊な器具を使ってムダ毛を1本1本抜いていく、というイメージを持つ人が結構多いようですが、現在そんな原始的な方法は一部でしか使われていません。

それに施術でターゲットとなるのは、肌の表面に出ているムダ毛そのものではなく、皮膚の奥に隠れている毛根部分です。

確かに以前は毛根を手作業で処置するのが主流でしたが、現在では機器の発明で効率アップが実現し、特殊な波長の光を当てることで毛根にアプローチする方法をとっています。

その特殊な光にはIPLやレーザーといったものがあり、いずれも黒いメラニン色素に反応、毛根部分で熱エネルギーへと変化します。
そのことで、発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)に大きなダメージを与えるわけです。

この方法は脱毛の歴史上、画期的なものでした。おかげで脱毛は手軽なものとなり、顔、脚はもちろんのこと、VIOといった特殊な部位の施術を行う人が増えたのです。

その中でもワキ脱毛は最も人気のある部位。
やはり、夏場になると露出する機会が増えるので、「ムダ毛処理をするならワキから」と思う女性が多いのでしょう。

また、ワキは特に汗腺が集中しています。そのために老廃物や汚れが他の部位に比べて溜まりやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)などの病気や症状も起こりやすいと言われています。

ワキ肌の健康と美しさを保ちたいなら、一刻も早くムダ毛を脱毛し、肌に刺激の強い自己処理は中止しましょう。

ワキ脱毛の施術回数、料金、痛みの有無について

上記の説明で、ワキ脱毛のメリットが理解できたかと思います。

「すぐにサロンと契約して脱毛したくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンで施術を受けるとなると、以下のような3つの点が心配になるかと思います——

・完了するまで、施術回数はどれくらいかかる?
・最終的な料金の合計はいくら?
・施術時の痛みはあるのかないのか

これらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

まず施術回数について。実は脱毛の施術というのは1、2回程度では完了しません。ムダ毛を根こそぎ処理し、何年にも渡ってツルツルの状態にするには、意外に長い日数がかかります。

特にワキというのは厄介な箇所で、太い毛が密集して生えているうえに、他の部位よりも毛根の位置が深く、顔や脚よりも施術回数が増えてしまいます。

もちろんサロンや個人によって差はあるのですが、完了まで最低12回〜18回はかかってしまいます。

続いて料金について。これはサロンによってかなり差があります。
金満マダムを顧客に抱えた高級店の中には、少しの施術だけでビックリするような料金をとるところもあるとか……。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けで値段はリーズナブル。
さほど高い料金ではありません。

「その中でも格安の店はないだろうか」と思ってネットでチェックしてみると、ぜひ推薦したい店がありました。

それは「ミュゼ」。全国展開をしているチェーン店です。

ここで1番人気の「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」は、料金がわずか100円!

これだけの料金で脱毛可能なところは他にはない、と言い切っていいでしょう。なるべく安価で初めての脱毛を行いたい、という人には最適です。

最後に、施術中に痛みがあるのかどうか。

上でも紹介したのですが、現在サロンで主流となっている方法では、IPLという光(フラッシュ)を用います。

このIPLはメラニン色素に反応する特殊な光。毛根部位にはこのメラニンが含まれているため、IPLはそこで熱エネルギーに変わります。すると毛乳頭、毛母細胞といった発毛機能を持った組織が高熱に包まれ、毛が生えなくなります。

この方式は効率的なのですが、デメリットもあります。高熱が生じるせいで周りの皮膚も軽い火傷となり、痛みが多少生じてしまうのです。

もちろん、火傷といっても狭い範囲にすぎません。
ただ、照射されるたびに痛みを感じるというのはイヤなものです。

そこで、そのIPL方式のデメリットをなくすため、SSCという新しい方式が開発されました。

SSCではこれまでIPL方式に使われてきたキセノンランプではなく、クリプトンライトを採用しています。

キセノンランプはそれだけで脱毛効果がありますが、このクリプトンライトというのは単独では毛根にアプローチできません。

ではどうやって脱毛効果をあげるのかというと、ムダ毛の周辺に専用ジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを当てればIPL方式同様に毛根部分が弱体化し、発毛を阻害できるのです。

SSC方式の最大の長所は「光のパワーは弱くても問題ない」というところ。専用ジェルとのコンビで脱毛効果を発揮するため、光によって毛根に高熱を加える必要がありません。
これで周辺の肌が火傷することもなく、痛みがはるかに軽減されます。

実は、上で述べたミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を導入しています。

「痛みが苦手なので脱毛なんてとんでもない」という女性もいるようですが、ミュゼならそんな人でも安心して脱毛できます。

ワキ脱毛で失敗を避けるためには?

「色々な点でミュゼがオススメ」と書きましたが、近くにその店舗が見当たらない、という人もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンと契約する必要があります。

ただ、現在は脱毛人口が爆発的に増えたため、新規サロンが続々とできています。
店が多すぎて、初心者はどこと契約すべきなのか迷ってしまうでしょう。

また、各サロンの”一押し”とされるプランについても条件が複雑で、どれを選べば本当にリーズナブルなのか判定がやりにくくなっています。

そこでサロンと契約する際、気をつけるポイントを3つあげてみます。

施術可能回数に余裕を持つ

まだまだ脱毛について知識を持たない人が多く、たとえば1、2回施術すればその部位のムダ毛は永久に生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろんそれは間違い。施術を1、2回したくらいでは、ムダ毛を根絶することなど不可能です。確かに施術後しばらくすると部位はツルツルになりますが、さらに時間が経つと再び毛は生えてきます。

脱毛を完了するには、数ヶ月から数年、根気よくレーザーやIPLといった光を照射していかなればなりません。

しかも太い毛が密集するワキのような部位では、施術回数が12回〜18回に及ぶのが当たり前です。

ですから施術回数が少ないプランを契約してしまうと、結局脱毛が終わらず、施術を追加する羽目になります。

そうなるとかかる費用も段違いに増えますので、回数の少ないプランは避け、施術回数に制限のないコースを選ぶようにして下さい。

返金制度や施術期限を契約前に調べる

一旦サロンと契約すると、3年間ほど通い続けることになります。

しかし施術を受けるうちに、接客態度や脱毛効果で不満が溜まってくることもあります。
そうなると契約を中途解約したくなるでしょう。

解約を申し出ると、サロンの方では露骨に渋い顔をします。契約をタテにして、返金額をなるべく減らそうとするところも少なくありません。

不快な思いを避けるためにも、中途解約する可能性のある人は、契約の詳細を調べておきましょう。

またサロンによっては、施術期間に制限を設けていることがあります。
契約日から日数が過ぎると施術ができないということになりますので、これも契約前にしっかりチェックしないといけません。

以上の2点については、しっかりとスタッフに訊ねておくのが無難です。

施術後のケアをおろそかにしていないか?

ワキは夏になると他人が視線を向ける部位。
状態を整え、黒ずみなどの肌トラブルもケアしておくことが大事です。

そのために欠かせないのは、しっかりと肌の潤いをキープすること。

脱毛サロンの中には潤いを重視し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした気配りのあるサロンなら美肌ケアも期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックの施術の差は?

ワキ脱毛は、脱毛サロンと医療クリニックの2ヶ所で施術してもらえます。
この2つには何か違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理については全く同じです。施術では、黒いメラニン色素に反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接当てます。そして発毛を司る組織(毛母細胞、毛乳頭など)に損傷を与えるのです。

ではどこに差があるのかと言うと、その光のパワーです。

レーザー光の威力は、サロンのIPLの何倍にも及ぶ凄まじいもの。毛根組織は徹底的に破壊されるので、ムダ毛は一生生えてきません。

また、IPLでは脱毛完了まで施術が10回以上必要ですが、レーザー脱毛では数回で終わってしまいます。

もし「脱毛をできるだけ短期間で終えたい」と考えているなら、医療クリニックを選ぶ方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安価ですむのか?

ワキ脱毛は料金が格安。
ワキを最初の脱毛箇所に選ぶ女性が多いのは、その格安さのせいもあります。

では、ワキ脱毛はなぜ安いのでしょう?

まず考えられるのは「ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積で決定されることが多く、その点でワキは元々安価なバーツというわけです。

次に考えられるのは、店側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛を選ぶため、「その料金を低くして、脱毛へのハードルを低くする」とサロン側が計算しているのです。

ワキは料金が格安な上に、店の脱毛技術も分かります。その点でも、最初の施術部位はワキにしておきましょう。

完了後、脱毛効果がイマイチな場合は?

施術が完了したものの、その効果に納得できない——。
そんな場合、施術をさらに続けられますが、追加料金が馬鹿になりません。

それがイヤなら他の店に行き直すのもいいでしょう。ただ、再びカウンセリングから始めるので、手間と時間がムダになります。

こんな事態を避けるには、施術期間と回数に余裕をもたせること。
できるなら施術回数に制限のないサロンを選ぶべきです。

「脱毛するとワキ汗がひどくなる」って本当?

最後に、脱毛した後の”ある現象”について、説明しておきます。

実はネットで「ワキ脱毛」を検索してみると「脱毛してからワキ汗の量が増えた」という口コミが何件かヒットします。

そんなことが、実際にありうるのでしょうか?

答えを先に言いましょう。——これは完全な嘘です。

ただ、「ワキ汗がひどくなった」と誤解している人は確かにいて、そんな人たちがこれらの口コミを投稿しているようです。

真相を調べてみると、

「これまでワキ毛で止められていた汗が脱毛後に肌を伝うようになり、汗がひどくなったと錯覚する」

ということのようです。

つまり、慣れないことに対する感覚の問題にすぎません。汗の量は脱毛前と同じです。

時間が経てばその感覚も当たり前になり、違和感も消えてしまうでしょう。

いかがだったでしょうか? ワキ脱毛の知識、サロンの選び方について、様々なポイントから説明してみました。

ぜひこれらの情報を活かして、自分に合ったサロンを見つけて下さい。

脱毛に成功すればワキへの視線も平気になり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*