ワキガになる原因とサロンやクリニックでの脱毛でワキガを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
アポクリン腺が活発化するほど脇から出る汗の量が多くなるので、ワキガになりやすくなります。

なぜなら、アポクリン腺は刺激を受けると汗を多く分泌する上に、脇は皮膚が柔らかい部位だからです。

そのため、脇は刺激の影響を受けやすいのでアポクリン腺を活発化させるリスクが高いです。

他にも、動物性たんぱく質を多く摂取する人ほど、ワキガに悩まされやすいです。

アポクリン腺の汗は水分の他にも脂質も含むので、動物性たんぱく質をメインにした場合、アポクリン腺から出る汗に含まれる皮脂が多くなります。

ワキガの原因をしっかりと理解

また、タバコや酒でも含まれる成分により、アポクリン腺を活発化させるのでワキガになる原因を作るだけでなく、ワキガの臭いを強めてしまいます。

けれども、ワキガは脇毛が無くなることで臭いを抑えることができるので、サロンやクリニックで脱毛を受けるのがワキガを臭いを抑える方法となります。

なぜなら、自己処理で脇毛を処理すると、脇毛を完全に無くすことができない上に脇の肌に余計な刺激を加えやすいからです。

また、サロンやクリニックで行われる脱毛は、脱毛器具によって光やレーザーがメラニンに反応します。

よって、毛根の深い部分に光やレーザーか反応することにより、毛根を死滅できます。

そのため、サロンやクリニックに通って脱毛を受けるほど脇毛を生えにくくできるので、ワキガの臭いを改善することが可能です。

その上、アポクリン腺は脇毛と一体化しているのでアポクリン腺から出る汗の量を少なくすることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*