産後の自己処理によるムダ毛処理の方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスの変化によりムダ毛が増える上に濃くなります。

それだけでなく、産後は肌が敏感となるので外部からの刺激を受けやすくなるので、肌が傷つきやすくなります。

なので、産後のムダ毛処理を施す場合は、毛抜きで行うと肌や毛穴を大きく傷つける形になります。

なぜなら、毛抜きは毛を抜くことで毛穴を広げるので、広がった毛穴から雑菌が入り込む可能性が高いからです。

他にも、産後はムダ毛が増えるので毛抜きだと自己処理に時間が掛かる傾向にあります。

さらに、妊娠前より濃い毛が生えるので毛抜きでムダ毛処理を行うと、毛が途中で切れて皮膚の中に毛が残る可能性が高まります。

その影響により、毛抜きでの自己処理は肌のトラブルだけでなく毛に関するトラブルも招きやすいです。

肌に与えるダメージを抑えることが重要

ちなみに、産後の自己処理として剃刀でムダ毛処理する方法もありますが、毛抜きと比べて肌に与えるダメージを抑えることができます。

ただし、剃刀の刃は肌に直接触れる構造となっているのて、肌が敏感な状態だと肌の表面を余計に削ることが多くなります。

そのため、剃刀と違って刃が直接肌に触れない電動シェーバーが、産後のムダ毛処理にお勧めの方法となります。

電動シェーバーなら、肌の表面を余計に削るリスクが抑えられる上に、毛抜きと違って短時間で広範囲のムダ毛を剃ることが可能となります。

なので、電動シェーバーは肌に優しくムダ毛処理できるので、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立しやすいです。

とはいえ、電動シェーバーの注意点として産後の肌は乾燥しやすい状態なので、肌の保湿を怠ると肌のトラブルを招く原因になりやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*